2人の女の子

日本の伝統文化|羽子板でお正月を彩ろう!

子供達が毎日使うもの

キッズ

人気のランドセルとして、軽くて丈夫なものが選ばれています。カラーバリエーションも豊富に富んだデザインも、実際に使う小学生側から支持されています。無難な赤や黒の他に、ピンクや茶色のランドセルが人気を得ています。

More...

男児の初めてのお正月

端午の節句

破魔弓は男児が誕生して初めてのお正月に贈られるものです。縁起物であり、魔除けなどの意味もあるとされています。現在では風習が残っている家庭のみになり、住宅事情などから比較的コンパクトな大きさの破魔弓が人気の傾向です。

More...

正月の贈り物

羽子板

正月の恒例行事

正月の恒例行事といえば羽子板を使った羽根つきが有名です。羽子板といえば正月だけの遊びの道具と思っている人も多いと思います。実際に室町時代では遊びの道具であったらしいのですが、江戸時代初期では厄払いとして使われ、魔除けや無病息災のお守りとして女性に羽子板をあげる習慣があり、正月には派手に装飾を施したり、押絵を使った飾り羽子板が正月に江戸のあちこちで売られていました。現在では競技用や遊具用の羽子板の比率が多く、儀式的・儀礼的な要素を持つ飾り羽子板を見る機会はめっきり少なくなってしまいましたが、もし女児が産まれた親戚やご友人がおられるのなら、新年にその子の無病息災を願って飾り羽子板を贈ってみてはいかがでしょうか。

飾り方

飾り羽子板を贈る時期は12月上旬ごろまでがいいと思います。というのも飾り羽子板を飾り始めるのがだいたい12月中旬なのでそれに間に合うように贈ったほうが先方にも迷惑がかからないからです。飾り場所については、客間だったり、居間、床の間だったりとにかく家族の集まる場所であれば構いません。もともとお正月は実はよくないことが起こりやすい時期である鬼門という迷信があります。そのような時期を生命力の弱い赤ちゃんが無事に正月を通過できるようにとの願いが羽子板に込められています。飾り終えたら、どんと焼が各地のお寺や神社で行われているので正月後邪魔になることはほとんどありませんので、気兼ねなく贈ってみてはいかがでしょう。

小学生のカバン

女の子

女の子用のランドセルは、カラーバリエーションが豊富に富んでいるので自分が選んだ色を背負って登校することができます。素材も丈夫に出来ているほか、重さも軽いので女の子でも簡単に背負って学校に通うことが可能です。

More...